メイク

夜泣きに負けるな!ママのくま隠しテクニック

ママの疲れに完全反比例してやってくる子供の夜泣き。

我が家の2人の子供たちはルナティック夜泣きキッズたちで、授乳はもちろん特に意味もない30分おき。謎のなきちぎり。お茶が欲しいの夜泣き。

もう夜泣きソムリエかってくらい多種多様なパターンの夜泣きをくらいまくってきました。

子供を抱きながら「こっちが泣きてぇ」と朝を迎えたことも多々ありました。

「うちは朝までぐっすりで〜」というママに「こなくそ」と思ったこともありました。夜が来るのが怖かった…。朝まで寝るとか都市伝説でしょ?!って。

今は大きくなって、その都市伝説が本当だったのかと実感できるくらいにはなっています。

そんな辛い夜泣き。朝になったらとりあえず寝たい。なのに、忙しいママは予定があったり仕事だったり…なかなか休めませんよね。

ひどいクマをケアする暇もない。。うう、お疲れ様です。。

ということでメイクさん歴10年以上になる私がくま隠しメイクのコツを伝授いたします!!( ;∀;)

寝不足でもくまは隠せる!

寝不足でできてしまった目の下にあるくまは、メイクでちゃんとカバーすることができますよ。ただし、使うアイテムの選び方と使い方が間違えていれば、上手にカバーすることはできません!コンシーラーの選び方と付け方を、この機会に覚えておいてくださいね!

くま隠しに使うコスメはなに?

ファンデーションでは、くまはなかなか隠れませんよね?

隠そうとするほど厚塗りになりますし、まばたきをするから、すぐにヨレヨレになってしまいます。ファンデーションだけでは、寝不足でできたくまは隠せません。

くま隠しにはやはりコンシーラーが適しています。

コンシーラーの固さの違いと選び方

コンシーラーにはいろいろなタイプがあり、選び方や使い方が分からないって方はいませんか?くまにちょうどいいコンシーラー選び方をご紹介します!

〇選び方

血行不良によって起こりやすいのは青いくま。寝不足さんもこのタイプでは?鏡でチェックしてみましょう!

くま別コンシーラー選びリスト
  • 血行不良の青いくまには、オレンジ系のコンシーラー
  • 色素沈着によってできてしまう茶くまには、イエロー系
  • くぼみのような黒いくまには、明るいベージュ系やオークル系

コンシーラーには、パレットやスティックに入った固いものと、チューブやグロスのような容器に入った柔らかいものがあります。
常にまばたきをする目元は、とっても動きやすいところ。また、シワができやすいところです。柔らかいタイプの方がフィットしやすく、薄く重ねることで自然にカバーすることができますよ。

〇付け方

目の下ではなく、くまとくまのない箇所の境目にかけて付けるのが正解です。一番濃いところにコンシーラーでラインを引き、指の腹でポンポンとぼかしていきましょう。

くまが出来にくくなる予防とは?

コンシーラーの使い方を覚えつつ、くまが出来にくい予防もしていきましょう!!

寝不足で目元が疲れてしまう青クマができる方は、ホットタオルをまぶたにのせて、血行を促進してください。

ホットタオルは、水で絞ったタオルを、レンジで1分ほど温めたらできてしまいます♪

簡単ですが、火傷には気を付け、まぶたにのせても大丈夫か確認してからのせてくださいね。

茶くまができる方は、力の入らない薬指や小指でクレンジングをすると、摩擦を避けることができますよ☆黒くまタイプは、エイジングケアと保湿ケアをしっかりとしていきましょう♪

コンシーラーを使用していた方でも、自己流の選び方や付け方をしていたのでは?ぜひ、正しい方法を試してくださいね!